ネイチャーゲームリーダーとは?仕事で活かす方法や資格を取る方法を解説

ネイチャーゲームリーダー とは、自然を五感で感じ取る「ネイチャーゲーム」を指導する人のこと。「自然案内人」とも呼ばれ、子どもだけでなく大人にもネイチャーゲームの指導を行います。

でも「具体的にどんなことをするの?」「どうやって資格を取るの?」と不思議に思うかもしれませんね。

そこでここでは、ネイチャーゲームリーダーについて詳しくご紹介。仕事で活かす方法や、資格を取る方法についても紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ネイチャーゲームリーダーとは

ネイチャーゲーム・リーダーに森を案内される団体
ネイチャーゲームリーダーとは、ネイチャーゲームの基本的な理念や指導方法を理解した上で、ネイチャーゲームを広く普及させるための指導員です。別名「自然案内人」とも呼ばれています。

ネイチャーゲームとは、花や落ち葉の匂い、動物たちの気配などを五感で感じ取るために考案されたプログラムのこと。自然が持つ不思議や仕組みを学ぶことで、自然と自分は一体
であると気づくことを目的にしています。

ネイチャーゲームの特徴は、自然について特別な知識がなくても、自然が持つさまざまな表情を楽しめることです。

ネイチャーゲームリーダー は、そんなネイチャーゲームを160種類使って、年齢や性別に関わらず楽しめるように指導します。

晴れの日はもちろん、雨の日でも楽しめるものや雪を使ったゲームもあるので、その地域の気候やその日の天気に応じてゲームを選ぶのも、ネイチャーゲームリーダーの役割です。

それでは、このネイチャーゲームリーダーの資格を取得すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

保育士がネイチャーゲームリーダーの資格を取得するメリット

ネイチャーゲーム・リーダーの資格を持った保育士に指導される子どもたち
保育士がイチャーゲームリーダーの資格を取得すると、次のようなメリットがあります。

・子どもに野外活動の遊び方をアドバイスできる
・自然教室など、保育園以外でも活躍できる
・保育以外の仕事にも活用できる

それぞれ見ていきましょう。

子どもに野外活動の遊び方をアドバイスできる

保育園や幼稚園、児童福祉施設など子どもの「教育」に関わる施設では、野外活動を活発に行うところが増えてきています。

そんなとき、教員や保育士がネイチャーゲームリーダーの資格を持っていると、バリエーション豊かなゲームを子どもたちに楽しんでもらうことができます。

また、自然の中で遊ぶ方法を子どもたちにアドバイスしたり、一緒に遊んだりすることができれば、教員や保育士としてレベルアップできるでしょう。

自然体験や自然学習で子どもたちの興味を引かせるには、「遊び」の要素が必要です。

ネイチャーゲームについて160種類も引き出しがあれば、場面にあったゲームを提案することができます。子どもたちの遊びのバリエーションを増やすためにも、自然に親しむためにも役に立つでしょう。

自然教室など、保育園以外でも活躍できる

ネイチャーゲームは、簡単に自然と親しみながら遊べるゲームなので、自然教室でも取り入れられています。

そのため、ネイチャーゲームリーダーの資格があれば、「自然との遊び方」についての知識があると見なされるので就職にも有利になるでしょう。

自然と関わる職場で働きたいという方は、取得しておくと就職活動に役に立ちます。

保育以外の仕事にも活用できる

ネイチャーゲームには、子どもを対象にしたプログラムだけでなく、大人向けのプログラムもあります。そのため、保育以外にも社員研修や教員研修の指導員としても活躍できるでしょう。

保育士として子どもの保育に役立てるだけでなく、同じ保育士に対しても指導できるようになるのです。

それでは、ネイチャーゲームリーダーの資格を取るには、どうすればいいのでしょうか?

ネイチャーゲームリーダーの資格を取るには

ネイチャーゲーム・リーダーの講習会が行われる合宿地
ネイチャーゲームリーダーの資格を取るためには、「ネイチャーゲームリーダー養成講座」に参加して、試験に合格しなければいけません。

ネイチャーゲームリーダー 養成講座は、主に次の2つの団体が開催しています。

・都道府県シェアリングネイチャー協会(設立準備会)
・日本シェアリングネイチャー協会

「ネイチャーゲームリーダー養成講座」は2泊3日か1泊2日の合宿形式です。ただし、会場によっては1日の講義が終われば家に帰れる日帰り形式のところもあります。

講座は全国各地で随時開催されているので、ホームページをチェックして申し込みましょう。

http://www.naturegame.or.jp/qualification/lf/

18歳以上なら誰でも参加可能で、受講費用は21,400円です。

講義では、基本的な理念である「シェアリングネイチャー」の考え方や、実践における具体的な手法などを学びます。さらに野外での実習が12ゲーム以上。内容がぎっしり詰まったカリキュラムとなっています。

筆記試験は最終日に行われ、70点以上得点すると合格です。講習会の様子は下の動画で観れますので、確認してください。

【概要】
日程:随時開催
会場:全国各地
受講費用:21,400円

【問い合わせ】
公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-13-17 ワークスナカノ2F
TEL:03-5363-6010  FAX:03-5363-6013

まとめ

子どもとシャボン玉遊びをするネイチャーゲーム・リーダーの女性
ネイチャーゲームリーダーについて、仕事で活かす方法や資格を取る方法について解説してきました。

ネイチャーゲームリーダー は、ネイチャーゲームを指導する人のこと。年齢や性別に関わらず楽しめるように工夫し、地域や気候に合った遊びを提供します。

子どもを対象にした保育や教育現場だけでなく、大人も対象に指導できるのがポイントです。

自然が好きな人や自然の素晴らしさを人々に伝える仕事がしたい人は、ぜひ取得してみてくださいね。

保育士のキャリアアップ資格一覧

保育のスキルアップのための資格

野外学習やレクリエーションで役立つ資格

メンタルケアのスキルを磨くための専門資格

医療や病児保育に関わる資格

福祉関連で役立つ資格

その他の資格

シェアする

人気記事

就職・転職を成功させるコツ
履歴書の書き方、自己PRの作り方、志望動機の例文集、面接対策などの記事を掲載しています。
保育士のキャリアアップ資格
保育士のキャリアアップを考えるなら、保育士の資格に加えてプラスアルファで資格を取るのがオススメです。
保育士の悩み
給料が安い、残業が多い、人間関係が悪いなど、保育士の悩みにベテラン保育士がアドバイスをします。