【保育士の一日】3・4・5歳児の保育施設

保育士の一日の流れ

7:00 随時登園、視診、排泄、手洗い、自由遊び
9:50 お集まり(出欠確認、朝のうた、体操)
10:10 自由遊び、組ごとの遊び
11:30 手洗い、昼食、歯磨き、片付け、掃除
12:30 外遊び
13:30 お昼寝
15:00 起床、ふとんの片付け
15:15 手洗い、おやつ、片付け、うがい、降園準備
16:00 降園、自由遊び
18:00 延長保育
19:00 保育終了
19:30 保育記録などの事務作業

登園について

ほとんどの保育園で早朝保育が行われています。早朝保育は7時から、保護者が連れてきた子どもを預かります。それ以外の子どもは9時頃に登園してきます。

その後、保育室に入り、一人一人の名前を呼んで点呼をとります。このときに、子どもの顔色や話し方などから、体調をしっかりと把握しておきます。必要に応じて検温を行います。

お昼寝について

お昼寝には体を休める、成長を促進するといった、身体的な理由以外にも、基本的生活習慣を身につけるという理由もあります。

お昼寝するためには、衣服を脱ぐ、着る、排泄するという基本的生活習慣が含まれていますから、お昼寝をすることで、それらを身につけることができるのです。

ただ、5、6歳児になるとお昼寝をしたがらない子どもも出てきます。寝ない子どもだけを別の部屋に集めて遊ばせるか、無理にでも布団の中でゆっくりさせるようにします。どちらを選ぶかは保育園の方針によって異なります。

なお、子どもたちが寝ている間、保育士は連絡帳に子どもの様子を書いたり、保護者への手紙を書いたりします。一人で数十人の連絡帳に書かなければいけないので、けっこう大変な仕事です。

自由遊びについて

午前中は子どもに混じって、保育士も一緒に遊びます。一人で遊んでいる子どもを作らないように、みんなが楽しんで遊べるように配慮します。

子どもの危険管理も仕事のうちです。危険なものがあれば、取り除く、危ない事をしていれば、注意するようにします。

一人一人子どもの様子をよく観察し、保護者向けの連絡帳に書くことを考えることを意識します。

降園後の仕事

保育士の仕事は子どもの面倒を見るだけでなく、保育記録や教材の準備など、事務的な仕事もたくさんあります。

特に運動会やお遊戯会がある前には準備する事が多くなります。

関連する記事

シェアする

人気記事

就職・転職を成功させるコツ
履歴書の書き方、自己PRの作り方、志望動機の例文集、面接対策などの記事を掲載しています。
保育士のキャリアアップ資格
保育士のキャリアアップを考えるなら、保育士の資格に加えてプラスアルファで資格を取るのがオススメです。
保育士の悩み
給料が安い、残業が多い、人間関係が悪いなど、保育士の悩みにベテラン保育士がアドバイスをします。