復職したい保育士のための求人の探し方のコツ

復職を考えている保育士

復職を目指す保育士さんにとって、一番気になるのは、「ブランクがあっても仕事がみつかるのだろうか。」という悩みですよね。

復職となると、保育のスキルに不安が出てきますし、家族の事情に合わせなきゃいけなくなるので、勤務時間も融通がつきにくくなってしまうからです。

私も数年のブランクの後、復職しようとしたときは、本当に不安だらけで、どうやって仕事を探そうか悶々と悩んでいた時期がありました。

ここではそのときの経験を元に、復職でも安心して就業できる職場の見つけ方をご紹介したいと思います。

まずは復職支援セミナーに参加

私が復職をするときに最初にしたことといえば、復職支援セミナーなるものに、手当たり次第参加したことです。

最近は国が潜在保育士の支援に力を入れていることもあり、全国各地のいたるところで、そうしたセミナーが開催されています。

地方自治体が行っているものから、保育・福祉施設が行っているもの、人材サービス会社が行っているものなど様々です。

こうした復職支援セミナーでは、復職に当たって必要なことを丁寧に説明してくれます。

近くでこういうセミナーが開催されているようであれば、まずは参加してみるのがいいと思います。

カウンセラーに相談できる求人サイトに登録

具体的に求人を探すときには、カウンセラーに相談できるところがいいです。

私が復職で求人を探すときには、色々な求人サイトをのぞいていましたが、自分でもどんな職場がいいのか分からなかったですし、復職でも採用してもらえるのか、自分のスキルは足りているのかなど、不安が先行してしまって、なかなか求人に応募できないでいました。

結局、2ヶ月くらい悶々と求人を見るだけで終わってしまったので、これはまずいと思って、カウンセラーに相談できる求人サイトに登録しました。

私が担当してもらったカウンセラーは元保育士で、保育施設への復職経験のあるひとだったので、相談しやすく、実際の働き方の話とかもできました。

こうしたカウンセラーに相談できる求人サイトは色々あるので、登録してみるのがおすすめです。

求人サイトは保育士専門のところを選ぶ

求人サイトは色々ありますけど、大きくわけて、総合型と特化型があります。

総合型はいろんな職種の求人をひとまとめに取り扱っているところで、特化型は保育士なら保育士専門で求人を取り扱っているところです。

ですが、選ぶならやっぱり保育士専門のところがいいと思います。

やっぱり、保育士の仕事って特殊ですし、オフィスの事務職とかとは働き方が全然違います。

保育士専門だと、保育士経験のあるカウンセラーさんだったり、保育士向けの求人が多かったり、保育士専門の研修制度があったりと、なにかといいことがあります。

特に、研修制度は復職するときには大事ですし、それがしっかりしているところだと、仕事の前に保育の仕事を思い出すことができますし、さらなるスキルアップもできます。

まとめると

  • まずは復職支援セミナーに参加
  • カウンセラーに相談できる求人サイトに登録
  • 求人サイトは保育士専門のところを選ぶ

関連する記事

シェアする

人気記事

就職・転職を成功させるコツ
履歴書の書き方、自己PRの作り方、志望動機の例文集、面接対策などの記事を掲載しています。
保育士のキャリアアップ資格
保育士のキャリアアップを考えるなら、保育士の資格に加えてプラスアルファで資格を取るのがオススメです。
保育士の悩み
給料が安い、残業が多い、人間関係が悪いなど、保育士の悩みにベテラン保育士がアドバイスをします。