勤務時間が少ない職場で働きたいときの求人の探し方

勤務時間のイメージ

募集頻度が多いところは要注意

よく言われることですが、頻繁に求人を出している保育施設は要注意です。常にひとが足りていない可能性が高いからです。

ひとが足りてない理由にはいろいろありますが、その中には、「勤務時間が長い」「残業が多い」「休日が融通が利かない」などの、勤務時間に関する問題が理由の場合もあります。

こういうところに就職すると、勤務時間が長くなってしまうだけではなく、一人当たりの仕事量も多くなるので、結果的にすぐに退職してしまうことになりかねません。

要注意が必要です。

派遣なら勤務時間は融通が利きやすい

派遣は派遣会社と保育士が雇用契約を結び、派遣社員として派遣先の保育施設で勤務します。

派遣で勤務する一番のメリットは、勤務時間や勤務日などが融通が利きやすいという点です。

フルタイムで働きたい、朝だけ、夕方だけなど、希望に合った働き方をすることができます。

また、実際に働いてみたら、予定よりも勤務時間が長くなってしまうことが分かったとか、残業時間が多かったなどという問題が発生したときは、別の派遣先に変更してもらうこともできます。

将来的に正社員で働きたいというひとは、紹介予定派遣という方法もあるので、一度検討してみるといいと思います。

勤務時間の調整はカウンセラーにお任せ

求人サイトに掲載されている求人情報は、目安の勤務時間であることがほとんどです。実際は「勤務時間は相談可能」だったりするので、気になる求人があれば、求人サイトに登録して、詳しい内容を聞いてみるといいでしょう。

また、勤務時間の細かい調整はカウンセラーがしてくれます。

「もうちょっと短くしたい」
「○○時には仕事が終われるようにしたい」
「残業はなくしたい」

など、人それぞれの希望に合うように調整してくれます。

もちろん、保育という性質上、希望が必ずしも通る訳ではないですが、採用する側も短い時間でもいてくれると助かるというところも多いので、意外と希望が通ることも多くあります。

まずは相談してみるのがおすすめです。

まとめると

  • 募集頻度が多いところは要注意
  • 派遣なら勤務時間は融通が利きやすい
  • 勤務時間の調整はカウンセラーにお任せ

関連する記事

シェアする

人気記事

就職・転職を成功させるコツ
履歴書の書き方、自己PRの作り方、志望動機の例文集、面接対策などの記事を掲載しています。
保育士のキャリアアップ資格
保育士のキャリアアップを考えるなら、保育士の資格に加えてプラスアルファで資格を取るのがオススメです。
保育士の悩み
給料が安い、残業が多い、人間関係が悪いなど、保育士の悩みにベテラン保育士がアドバイスをします。