保育士向け求人サイトの選び方

求人の選び方を考える女性

求人数が多いところを選ぶ

求人サイトの選び方で一番大事なのは、なんといっても求人数です。当たり前ですが、多ければ多い程、自分の希望に合う求人が見つかりやすいですし、なにより、求人が多いということは、それだけ保育施設とのネットワークがしっかりしているということなので、信頼できるということでもあります。

ただ、求人数といっても、総求人数で比較してもあまり意味がありません。求人サイトは営業の都合上、特定の地域に特化していることが多く、例えば関東なら関東、関西なら関西、東京のみとか、神奈川県のみとかエリアを絞って求人を掲載しています。

選ぶのであれば、自分が住んでいるエリアや仕事をする予定のエリアの求人が多いところを選ぶのがいいと思います。

保育士バンクとかは全国対応している数少ない求人サイトなので、どのエリアの人でも利用することができます。

保育士専門であること

求人サイトは大きく分けて、総合型と専門型があります。総合型は様々な職種をひとまとめにしているところ、専門型は特定の職種に絞って求人を掲載しているところです。

保育士が選ぶなら、やっぱり保育士に絞った専門型の求人サイトがおすすめです。

やっぱり保育士専門の求人サイトのほうが求人の数が多いですし、条件のいい求人もたくさんあります。

それに、求人サイトに登録するとついてくるカウンセラーも、保育士専門のカウンセラーのほうがいいと思うんです。

だって、保育士の仕事は他の職種とは勝手が違うし、考えていることも、仕事での悩みも、仕事の仕方も全然違いますからね。

私も総合型にも登録したことがありますが、なんかいまいち、こちらの仕事を理解していないというか、悩み相談も表面的というか、たぶんあんまり保育の仕事のこと知らないんだろうなって感じの印象を抱いた覚えがあります。

保育士専門のところはカウンセラーも保育の仕事をよく知っているし、中には元保育士というひとも多くいるので、アドバイスの言葉に重みがあります。

リクナビとか、マイナビとか、DODAはたしかに有名ですけど、保育の仕事に関していえば、当サイトで紹介しているような保育士専門の求人サイトのほうが優れているかなと思います。

多くの人が利用していること

私はちょっとあまのじゃくなところがあって、他の人が使っているものを避けて、マニアックなものを選んでしまうことがあります。

でも、求人サイトでいえば、他のひとが使っていないようなマニアックなところを選ぶと、ろくな事がないというのが、5回の転職で分かった事です。

求人サイトって、口コミが広がりやすいと思うんですよ。

悪い求人サイトはすぐに悪い評判が広がりますし、いい求人サイトはすぐにいい評判が広がるので、みんなが使ってる求人サイトってやっぱり、いい求人サイトであることが多いと思うんですね。

だから、求人サイトは、多くのひとが利用しているところを選ぶのがいいと思います。

このサイトで紹介しているのは、そういうところばかりです。保育士バンクとかは有名なサイトですので、多くの人が利用しています。私自身も何度もお世話になりました。

関連する記事

シェアする

人気記事

就職・転職を成功させるコツ
履歴書の書き方、自己PRの作り方、志望動機の例文集、面接対策などの記事を掲載しています。
保育士のキャリアアップ資格
保育士のキャリアアップを考えるなら、保育士の資格に加えてプラスアルファで資格を取るのがオススメです。
保育士の悩み
給料が安い、残業が多い、人間関係が悪いなど、保育士の悩みにベテラン保育士がアドバイスをします。