残業時間が長いという悩みをもつ保育士へ

残業時間が長いことに疲れた女性

実は多い保育士の残業時間

平成24年厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によれば、保育士の残業時間の平均は1ヶ月4時間だそうです。

「え?たったの4時間?」と思った人も多いんじゃないでしょうか。それもそのはず、実際は保育園の仕事はサービス残業だらけなので、そんなお国の統計なんてなんの参考にもならないんです。

基本的に保育園などで給料が支払われる勤務時間は子どもと接している時間だけなので、それ以外の事務作業は、勤務外という扱いになりがちです

となると、勤務外の時間は統計の数字に表れないので、実際はもっと仕事しているでしょうし、持ち帰り仕事を含めれば、一ヶ月の残業時間は60時間を軽く超えているはずです。

サービス残業、持ち帰り仕事が多い

保育の仕事は、こどもの面倒を見るだけでなく、保育の記録や教材の準備もありますし、園便りとかクラス便りみたいな仕事もありますし、季節の行事があるときには、行事の衣装やら小物やらの準備もあります。

保護者からのクレーム対応に多大な時間を費やすなんてこともあります。

保育士の仕事は一般的には残業が少ないようにみられているみたいですけど、表に見えていないだけであって、実際は相当の残業をしているものなのです。

保育士は女性がほとんどですし、女性がこれだけの時間働けば、倒れてしまうひとが出てきても不思議はありません。倒れるまでいかなくても、過労で体調を崩した、その直前だというひとはけっこう多いんじゃないかと思います。

残業時間が少ないところはあるか

私自身、忙しすぎて、体調を崩し、その園を辞めた経験がありますので、転職するときには、残業時間に対してかなり敏感です。

でも、求人だけでは実際の残業時間までは分からないことが多いです。いちよ法的にはサービス残業も労働時間であり、それが課題だと労働法違反になるので、求人原稿に本当の残業時間が書かれることはないからです。

なので、私は求人原稿だけで判断するのではなくて、紹介会社のカウンセラーとかから、生の情報を仕入れようにしてました。

紹介会社には過去の勤務実績、就業実績、登録者からのタレコミ情報が蓄積されているので、表向きの残業時間ではなく、実際の残業時間を教えてもらうことができます。

また、勤務時間をきっちりするのであれば、派遣勤務という方法もありです。勤務時間に融通が利きやすいですし、万が一残業時間が長くても、別の派遣先に移るという手もあります。

紹介会社にいいイメージがないひともいるかもしれませんが、信頼できる紹介会社に登録すれば、残業時間が短くて済む職場を見つけることは十分可能だと思います。

自分一人で悩まずに、スマイルSUPPORT保育などのような紹介会社をぜひ活用してほしいと思います。

関連する記事

シェアする

人気記事

就職・転職を成功させるコツ
履歴書の書き方、自己PRの作り方、志望動機の例文集、面接対策などの記事を掲載しています。
保育士のキャリアアップ資格
保育士のキャリアアップを考えるなら、保育士の資格に加えてプラスアルファで資格を取るのがオススメです。
保育士の悩み
給料が安い、残業が多い、人間関係が悪いなど、保育士の悩みにベテラン保育士がアドバイスをします。