タイプ別 保育士の志望動機の例文集

志望動機を語る保育士

保育士が転職するときに、履歴書や面接で必要になる志望動機の例文集を紹介しています。別記事では自己PRや面接の受け答えについての例文集も紹介しているので、そちらもあわせてどうぞ。

» 保育士の自己PRの書き方と例文集
»保育士の面接でよく聞かれる質問への回答例

一般的な志望動機

通常の就職活動や転職活動の志望動機では保育への考え方をアピールするのが定石です。

使い回しだと思われないようにするためにも、応募する園の特徴を絡め、園の考え方と自分の考えがいかに合っているかを伝えるのがおすすめです。

「子どもはみなそれぞれの性格と考えがあるので、その子どもに合った保育をするためには、一人一人との関わり方は非常に大切だと考えています。貴園は少人数のグループで一人一人の子どもに丁寧にかかわり合うことを基本方針とされており、ここでなら自分の目指す保育ができると思い志望させて頂きました。」

「仕事が忙しいお母さんでも安心して仕事ができるようにするためには、延長保育や夜間保育の充実が欠かせないと考えています。私自身も、働くお母さんの手助けをしたいとの思いが強く、早朝から夜遅くまでの長時間保育を実施している保育施設に興味がありました。そんなとき、貴園の求人広告を拝見し、保育の方針も私の保育への考え方と重なる部分が多く、ぜひここで働きたいと思い、志望させていただきました。

ブランク有り

ブランク有りの場合には、志望動機というよりは、どうして保育の仕事に復帰しようと考えたのかを中心に組み立てるのがいいです。

「大学を卒業してから8年間保育士をしていましたが、結婚・出産を機に退職しました。体力的に大変だった事もあり、復職するときは別の仕事をと考えていました。しかし、自分の子どもが幼稚園に通っているときに、自分より高齢の先生方が一生懸命お仕事をしている姿をみて、はるかに若い自分こそ頑張らなくてはいけないと思うようになりました。自らの子育ての経験を活かし、ぜひ貴園で頑張ってきたいと考えています。」

初めての保育業務

採用する側は未経験者が仕事についていけるかどうかを不安に感じるものなので、それを払拭できるようにします。

「保育の仕事が自分に向いている事」「子どもが好きであること」「体力には自信があること」をアピールするようにします。

「私が保育の仕事を志したきっかけは、兄弟や友人の子どもを預かる中で、発育期の子どもの成長に関われることに喜びを感じた事です。昨日できなかったことが今日できるようになっていたりしたときの感動は今でも忘れられません。自分は本当に子どもが好きだと感じましたし、多くの子どもの成長に関わっていきたいと強く思っています。他人の子どもを預かる事には責任やプレシャーもありますが、先輩の保育士から多くのことを学び自らも成長していく中で、困難を乗り越えていきたいです。」

「保育の仕事の経験はありませんが、自分の子どもを3人育てた経験や、友人の子どもを預かっていた経験があります。保育については、本や友人、セミナー、スクールなどで勉強するようにしていました。保育の仕事は体力がいると思いますが、高校時代は運動部に所属し、現在も定期的にウォーキングをするようにしているので、特別不安は感じていません。未経験ではありますが、保育にかける思いは人一倍ありますので、どうぞよろしくお願いします。」

関連する記事

シェアする

人気記事

就職・転職を成功させるコツ
履歴書の書き方、自己PRの作り方、志望動機の例文集、面接対策などの記事を掲載しています。
保育士のキャリアアップ資格
保育士のキャリアアップを考えるなら、保育士の資格に加えてプラスアルファで資格を取るのがオススメです。
保育士の悩み
給料が安い、残業が多い、人間関係が悪いなど、保育士の悩みにベテラン保育士がアドバイスをします。