契約社員で勤務するメリット

契約社員で勤務するメリットは「勤務時間や期間が柔軟でありながら、正社員とほとんど同じ条件で勤務できる。」ということです。

正社員だと、一度勤務を始めたら、長期間働かなくてはなりませんし、勤務時間も基本的にフルタイムで働くことになります。

一方、契約社員だと、契約期間や勤務時間はある程度柔軟に調整することができるので、自分の生活に合わせた働き方ができます。

逆にいうと契約期間が満了したら、もっと働きたいと思っていても辞めなくてはいけないのがデメリットですが、最近は双方が納得すれば契約期間を延長することや正社員に切り替えることも増えているので、それほど大きなデメリットというわけではありません。

条件面も、手当てや福利厚生を含めれば、パートや派遣よりも上か、正社員と同等の待遇を得ることも可能です。

求人を探す時のポイント

契約社員の求人を探すときは、幅広い雇用形態を扱っている求人サイト、できればカウンセラーのサポートがつくところを選ぶのがコツです。

自分では契約社員を希望していたとしても、カウンセラーに相談してみたら、正社員のほうがいい、あるいは派遣社員、パート勤務のほうが自分の希望に合っているということも往々にしてあります。

契約社員に絞ってしまうと、あらゆる可能性が狭まってしまうので、カウンセラーに相談しながら、より自分の希望に合う求人を探すことが大事です。

関連する記事

シェアする

人気記事

就職・転職を成功させるコツ
履歴書の書き方、自己PRの作り方、志望動機の例文集、面接対策などの記事を掲載しています。
保育士のキャリアアップ資格
保育士のキャリアアップを考えるなら、保育士の資格に加えてプラスアルファで資格を取るのがオススメです。
保育士の悩み
給料が安い、残業が多い、人間関係が悪いなど、保育士の悩みにベテラン保育士がアドバイスをします。