保育士必見!子どもを伸ばす上手な褒め方のコツ

子どもの褒め方が分からなくて、悩んでいませんか?

「何か言わなくちゃ!」と焦ってしまうと、「上手だね」「よくできたね」といつも同じフレーズを言ってしまいがち。

実は、このような褒め方をすると、子どもの「自己肯定感」を下げてしまうことがあります。しかし、「でも、いざとなると言葉が出てこない」「どうやって褒めるのが正解なの?」と困ってしまいますよね。

そこで、ここでは保育士が知っておきたい「子どもの褒め方」について、とことん解説。子どもを褒めるときのコツや、絶対に言ってはいけない言葉などを詳しく紹介します。

この記事を読んでおけば、「褒め言葉」に悩むことはありません。ぜひ参考にしてくださいね。

褒め方で、子どもの成長は変わってくる

笑顔でスプーンを持ってご飯を食べている赤ちゃん
子どもを褒めて育てることは、子どもの自己肯定感を高めます。

自己肯定感とは、「僕ならできる」「私ならきっと大丈夫だ」と自分自身を受け入れ、信じることができること。自己肯定ができる子どもは、「大変だな」と思うイベントが起きても、自分自身を励ましてチャレンジすることができます。

一方で褒められなかったり、間違った褒められ方をしてしまうと、子どもは自信を持てなくなることに。さまざまな問題が起きても、子どもが自分の力で乗り越えられるようになるには、保育士や保護者の褒め方がとても大切なのです。

ここからは、子どもの褒め方について知っておきたい以下2つについて見ていきましょう。

・子どもを伸ばす褒め方のコツ

・絶対に言ってはいけないフレーズ

子どもを伸ばす褒め方のコツ

明るい光の方向を見つめる子どもと保育士
子どもを褒めるときには、次の6つのことに気をつけましょう。

目を見て褒めよう

子どもを褒めるときは、目を見て褒めるようにしましょう。目と目が合うことで、子どもは「あ、自分に向かっていってるんだな」と認識できます。

一方で、目が合わないと「本当にそう思ってるのかな?」と不安になってしまうもの。言葉だけでなく、態度にも気をつけましょう。

具体的な内容で褒めよう

子どもを褒めるときは、できるだけ具体的に褒めるようにしましょう。具体的に伝えることで、子どもは「褒められたということは、これは良いことなんだ」と学ぶことができます。すると、積極的に行動できるようになるのです。

例えば、「自分から片付けしてくれて、助かったよ」「昨日よりもはやく服を着替えられたね」と伝えましょう。

ただ「えらいね」「上手だね」と伝えても、子どもには「何が良かったのか」が伝わりません。子どもが自分から動けるように、具体的に褒めてあげましょう。

褒めるときはすぐに褒めよう

子どもを褒めるときは、すぐに褒めましょう。時間が経ってから褒めると、子どもの中で「あ、褒めてもらえた。うれしい!」という感覚が薄くなってしまいます。

なるべくその場で時間をおかずに褒めてあげましょう。

結果だけでなく、過程や努力も褒めよう

子どもを褒めるときは、結果だけでなく過程(努力)も褒めてあげましょう。結果しか褒めないでいると、良い結果を残せなかったとき、子どもはその事実を受け入れられません。そして、褒められたいがために「良い結果だったよ!」とウソをついてしまう可能性があります。

例えば、かけっこをしていて転んでしまった子どもがいたとしましょう。そのとき「がんばったね」だけでなく、「途中で転んでも、あきらめずに最後まで走りきったね。かっこよかったよ」と伝えます。

子ども自身が、「あ、僕はがんばったんだ」と自覚できるように声をかけるのが大切です。

誰かの前で褒めてみよう

子どもを褒めるとき、友達や保護者の前で褒めるのも効果的です。第三者の前で褒められると、子どもは「みんなに認められた!」という思いが強くなります。

ただし、子どもによっては「恥ずかしいからイヤだ…」というタイプも。子どもの性格に合わせて行いましょう。

メダルや表彰状で、褒められたことを「形」に残そう

子どもを褒めるとき、形に残るものを使うのも良いでしょう。形にすることで、「あのとき褒めてもらえた」という感覚を持続できるからです。

例えば、時間以内に片付けができたら、子どもが好きなシールを渡すのも効果的。ある程度たまってきたら、表彰状やメダルを手作りにして渡すのも良いですね。

当たり前のことでも、継続していることを褒めよう

「何か言ってあげたいけど、何を褒めよう…」と困ることはありませんか?そんなときは、「できて当たり前」になっていることを褒めてあげましょう。

何かできるようになった最初の頃は、それだけで褒められていたはず。しかし、そのまま「できて当たり前」と認識してしまうと、「褒めるほどではない」と思ってしまうのです。

例えば、毎日あいさつをしている子どもがいたら「毎日元気よくあいさつしてくれて、先生うれしいよ」と伝えましょう。目立たないことでも、継続していることに気づくことが大切です。

気をつけて!絶対に言ってはいけないフレーズ

思わず言ってしまいがちなフレーズにびっくりして口を押さえている女性
ここでは、子どもを褒めるときに言ってはいけないフレーズを3つご紹介します。

子ども同士を比較する:○○ちゃんよりすごいね

子どもを褒めるとき、子ども同士を比較して褒めるのは良くありません。なぜなら、子どもに「勝てば褒められる」という考え方が定着してしまう可能性があるからです。

すると、よけいな競争意識を持つ子どもになってしまいます。とくに「あの子は僕よりも優秀だ」と感じたとき、劣等感を覚えやすくなることも…。

また、比較された子どもも良い気分にはなりません。

比較するのなら別の子どもではなく、子ども本人の過去と比べましょう。「昨日よりもはやく服を着替えできたね!」と成長していることが分かるように褒めるのがベストです。

子どもを動かすために褒める:すごい!そんな○○くんなら、これもできるよね?

子どもを動かすために、褒め言葉を使うのはやめましょう。続けて行くと、「先生に褒められるために、何かをする」子どもになってしまいます。すると、先生がいないところでは自分から動けない子どもになることに…。

また、勘が鋭い子どもは「あ、本当は褒めてないな…」と下心に気づくこともあります。

どうしても子どもに動いてほしいときは、「○○してくれたらうれしいな。」とお願いしましょう。大人からの「お願い」や「ありがとう」という気持ちを伝えることで、子どもたちにその行動の価値を伝えることができます。

人に喜んでもらうと、私もうれしい!」という感覚を知ることで、自ら行動できるようになりますよ。

子どもの作品に対して、一方的に評価する:絵が上手だね

絵や工作など子どもの作品を褒めるとき、評価するような言葉は言わないようにしましょう。大人が一方的に「上手だね」と評価してしまうと、子どもが自分で判断する機会を奪ってしまいます。

まずは、子どもの作品をただ観察するようにしましょう。そこから、子どもが自分で作品を評価して、誰かに伝える機会を作ります。例えば、「ここの部分は、どうやって作ったの?」「この色は、何色と何色を混ぜたの?」と声かけしましょう。

子どもの創造性も育てることができますよ。

まとめ

一生懸命ご飯を食べている子どもを笑顔で褒める保育士
子どもの褒め方について、説明してきました。

褒めることは、子どもが生きていく上で大切な「自己肯定感」を高めます。しかし、褒め方や褒め言葉を間違えると、自己肯定感を下げることに。

そのため、子どもの発達に大きく関わる保育士にとって、褒め方を知っておくことはとても大切なのです。子どもが自信や創造性を持てるように、褒め方はしっかり勉強しましょう。

ぜひこの記事を参考にして、子どもたちに愛される素敵な保育士になってくださいね。

関連する記事

シェアする

人気記事

就職・転職を成功させるコツ
履歴書の書き方、自己PRの作り方、志望動機の例文集、面接対策などの記事を掲載しています。
保育士のキャリアアップ資格
保育士のキャリアアップを考えるなら、保育士の資格に加えてプラスアルファで資格を取るのがオススメです。
保育士の悩み
給料が安い、残業が多い、人間関係が悪いなど、保育士の悩みにベテラン保育士がアドバイスをします。